欅坂の全握と個握の違いを比較、まとめてみました

皆さんこんばんは、欅ちゃん日向ちゃんまとめちゃんです。

前々回の全握解説、前回の個握解説に引き続いて今回は全握個握を比較しつつまとめていきたいと思います。

前回前々回の記事を読んでいない方は読んでみてください。

 

 

syuminakyacom.hateblo.jp

 

syuminakyacom.hateblo.jp

 

 

さて、

“全握と個握、一言でいうと何が違うの??”

という質問に答えるとするなら

・全握は“予約不要の握手会”

・個握は“予約が必要な握手会”

つまり

予約の有無!!

です。

各解説記事にも書きましたが、

・全握に参加するためには

全国握手会参加券(店頭、オンラインストア等どこでも買えるCDについてくる)が必要

・個握に参加するためには

個別握手会参加券(forTUNEmusicでのみ買えるCDについてくる)が必要

なわけです。

さらに

全握参加券はいつでも(なんなら握手会当日でも)購入できる

個握参加券は受付期間しか申し込めず、握手会より遥か前にしか購入できない

なわけですね。

もっと言うなら

全握は並びさえすればどんな人気メンバーとも握手できる(欠席などの場合除く)

個握は高い倍率の抽選を乗り越えないと人気メンバーとは握手できず、最初の段階では購入数制限もある。

わけですよ。

これだけ言うと

“当日参加もできて、どんなメンバーとも握手出来る全握最強じゃね??”

ってなっちゃいますよね。

でもちょっと待ってください。ちゃんとぜ全握にも個握にも長所短所がありますから。

そう、ここまで挙げてきたものって、全部全握の長所なんですよね。

全握の長所を一言で挙げるとすれば

“手軽さ”

です。

個握と違って前々から予定を立てる必要もなければ、前日ふと思い立っていくこともできます。

個握の日程に合わせて休みを取れるかわからない社会人さんや、部活のオフがいつかわからない学生さんもいますよね。

“券を取りたいけど、予定が合わなくて無駄にしてしまうかもしれない。。。”

というリスクもありません。 

“やっぱり全握最強じゃね??”

ってなりますよね。

ここで、1つ付け加えなくてはいけません。

先ほど全握の長所を“手軽さ”と言いましたがあくまで

行くまでの” “手軽さ”

なんですね。

そう、全握は行ってからが大変なんです。

先ほどの説明の中で個握は抽選がある、と言いましたが、それは各部ごとに最大数が決められているからです。握手券が取りづらいというデメリットにはなりますが、その分混まないというメリットにもなります。

対して全握は、だれでも行ける分、際限なく混むわけです。どんなレーンでも30分待ちは当たり前、人気メンバーになれば1-2時間待ちなんてざらです。

もちろん、並ぶタイミングや会場にもよるので

“このメンバーの待ち時間は〇分!”などと一概に言うことはできませんが、とりあえずめちゃくちゃ待ちます。

行くまでの手軽さと引き換えに、当日めちゃくちゃ大変って感じですね。

 さらに、全握は会場内に入るまでにも時間がかかる場合があります。

 

 (Twitterの検索で出てきた方のツイートを使わせていただきました。)

 

 これは、管理人が行っていない7thシングル全握名古屋会場の際のツイートです。

このツイートを見るとめちゃくちゃ混んでいるのがわかりますね。

ただ、この日は同じ施設内??で他のイベントがあったみたいで、その関係もあったみたいです(行ってないので真相はよくわかりませんが。)

自分が行った5thシングル全握幕張会場はそこまで混んでいなかった印象です。

多くの人は、ミニライブ→握手というルートになると思うんですが、握手のみ(ミニライブの時間も並んでいる方)は、比較的すんなりはいれるとおもいます。

 

ただ、会場入るまでに時間かかるのは、個握でも起こるみたいです。

自分が行った個握ではそのようなことはなかったのであくまで話半分に聞いていただければと思うのですが、Twitterなどを見ていると会場に入るまでにとても混むこともあるみたいです。運営もっと頑張ってほしい。。。

 

・会場に入るまでに混む可能性はどちらもある

 ・会場内(レーン)では個握よりも全握が混む

 

 って感じです。まあ、ケースバイケースではありますけどね。

 

他に違いがあるとすれば

・ミニライブの有無

・服装の違い

・人数の違い

(・握手時間の違い)

があげられます。

まずミニライブについてですが、

全握にはミニライブが有って、個握にはミニライブが有りません。

全握のミニライブは、全国握手会参加券1枚が必要です。

これに関しては、好みというかなんというかって感じですね。

ツアーなどによく行っていて、別にミニライブはいいやーという方はミニライブを見ずに朝ゆっくり来るもよし、握手列に早く並んで握手ガチるのもよし。

なかなかライブに行く機会が無くて、生で欅のライブを見たいなーという方や、ミニライブで握手の前にテンション上げてくのもよし。

ただ、ミニライブも行って握手も長時間いるとなると相当体力を使うので十分気を付けてお楽しみください。

次に服装の違いです。

全握はそのシングルの衣装

個握は私服

です。単純明快!!

続いて人数の違いですが

全握は1-3人と握手可能(そのメンバーは前日までに公式サイトで発表)

個握は1人と握手可能

です。これに関しては、全握の方がお得感がありますね。

人気メンバーとの握手を取るか、人数を取るか、その人のオタク性格が出るかもしれません←

そして最後に握手時間の違いですが

一般的には個握の方が長いとされていますが、実際あまり変わらないという意見も見られます(特に人気メンバー)。

確認のしようが無いので何とも言いづらいですが、剥がし、その人の粘り次第かなという感じですかね。

 

と、ここまでで内容は終わりのつもりだったんですが、もう一つ書きたいことがあったので付け足しますっ。

 

・持ち物

これ、忘れてたけど結構大事な奴ですよね。

自分も初めて行ったときは

“あれ持ってくればよかった。。。”

と、後悔もしたりしました。

なので、管理人の独断と偏見に基づいた持ってきた方がいいものリストを紹介しますね。財布とかスマホとか、当たり前に持って来るものは省いちゃいます。

・握手券

・モバイルバッテリー

・折りたたみイス

・暇つぶしになるもの(本、単語帳等)

・お菓子等軽食

(・着替え)

こんな感じかな。

 まず握手券。当たり前の物は省いちゃうって言ったけど、これだけは改めて書いておこうかなあと。

全握も個握もこれが無くちゃ始まらないからね。慣れてきた人ほど注意!

次にモバイルバッテリー。その人のプランにもよると思うけど、基本朝から午後までかかるので、必須アイテムと言えますね。バッテリーが充電されているかも要確認!

次は折りたたみイス。これは全握用ですね。ミニライブ入場待機列、ミニライブ入場後の待ち時間、握手待機時間等、全握は並んでいる時間、待つ時間がめっちゃ長いです。

無駄に体力を使わないためにも、椅子はあると便利かなと思います。ちょっと荷物になりますけどね。

そんで次は暇つぶしになるもの。これはスマホでもいいんだけど、充電の問題が有ったり、握手会会場内の電波が良くないことが有ったりするので、スマホ以外にもあると便利だったりします。

その次のお菓子等軽食っていうのは、やっぱり長時間並んでいるだけで体力をめちゃくちゃ使うのでチョコなどで糖分補給したり、炭水化物でエネルギー補給できたらいいんじゃないかなと。

ラストの着替えっていうのは、全握ミニライブで汗びしょびしょになる人用ですね。そのままにすると風邪ひくし臭いしでメリット無いので、ちゃんと着替えましょう。

 

はい、とまあこんな感じでまとめかつ比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

長くなってはしまいましたが、まあまあわかりやすく書けたかなとは思ってます。

ただ、自分もそこまで握手会に行くわけではなくちょいちょいわからない点もあったりしたので、そこはもっと握手会に行って追記していけたらなと思います。

  

また、欅坂46のチケットの取り方などについて書いた記事もあるのでよかったら見てみてください。

 

www.syuminakyablog.com

 

 

www.syuminakyablog.com

 

 

 

趣味なきゃブログの管理人