正しい盛り上がり方かはわからないけど過去一楽しかったきゃりー×ひらがな武道館-2018/10/28

皆さんこんばんは、欅ちゃん日向ちゃんまとめちゃんです。

今日はタイトルにもあるように、10/26に日本武道館で行われた、

MASAKA

Hot Stuff Promotion 40th Aniversary MASAKA

に行ってきました!(今初めてこのロゴをちゃんと見たけどちょっとかっこいいですね)

チケットを発券したときにこのイベントについてのブログを書きましたのでよかったらそちらもお願いします。

時は10/26。

その日は授業があったので16:45頃に武道館に到着し、さっそく物販列へ。

自分たちが行ったころにはすでに長蛇の列でした。

今回のイベントでは数量限定できゃりー×ひらがなけやきのコラボTシャツがあったり、イベント記念のタオル、ラバーキーホルダー(ひらがなけやき)がありました。

 
 

f:id:syuminakyacom:20181028232429p:plain

コラボTシャツはこんな感じ。

デザインめちゃくちゃ好みだし、記念にもなるし買おうかなあという気持ちと、

サイズがLまでしかないし、単独ライブには着て行きづらいしやめておこうかなあという二つの気持ちがありました。

、、、が、結果的には並んで15分くらいした段階で全サイズ完売のアナウンスが。

買う権利すら与えられなかったのは悲しかったけど、買って後悔するよりかはよかったかなあ。

いや、でも、ライブが素晴らしかった分記念として残しておきたかった気もする。

まあそこは悩んでも仕方ないのでご愛嬌ということで。

さて、まだ物販列の半分も進んでない状況で完売がアナウンスされたわけで、

じゃあ何買ったの??といいますと、

かわたひなちゃん推しメンタオル、そして、、、

f:id:syuminakyacom:20181028233333p:plain

これです!イベント記念ラバーキーホルダー、さっき言ってたやつです。

正直すっごい欲しかったわけじゃないけど、せっかくだし買っちゃいました。

きっとグッズってそんなもんだしね←

グッズを買った後はマックで小腹を満たしつつ、時間をつぶして、

いざ、武道館の中へ!!

入口が西寄りだったので、ほぼ半周する感じで移動し、いざ東スタンド1階最前列へ。
。。。。。。。
 
いや、近すぎる見やすすぎる!!!
発券したときはアリーナじゃないし、角度的にもちょっと微妙かなあなんて思ったけれどそんなこと全くなくて、全体を見ることに関してはアリーナ前方よりも良いかもしれないくらいの席でした。
レスをもらえないのと、ちょっと体を傾けないといけないのがあれだったけど、そんなのはこの席で見れるならぜんぜんok!って感じでした。笑
予想以上に良い席に感動しつつ、スマホ機内モードにしたりタオルやペンライトを出したりして準備完了。
 
会場が暗くなり、聞き慣れた、けれど体はずっと求めていたあの曲が、、、!
#0 overture
影ナレなし、いきなり流れ始めたのが逆に?功を奏し、会場のボルテージは一気に最高潮へ!
個人的にovertureは一番好きな曲で、これを聞きに、これで騒ぎにkeyakizakaのライブに来ているといっても過言じゃないんだけど、2018年の全国ツアーではやらなかったので、本当に待ち望んていたんですよね。
だから、流れ始めた瞬間、テンションが一気にmaxまで上がりました。笑
 
そんでもって、
#1 ひらがなで恋したい
べただけど、それがいい、それでいいんです。もうすでにひらがなに恋しちゃってます、はい。笑
そのあとのセトリはこんな感じ。
#2 ハッピーオーラ
#3こんな整列をだれがさせるのか?
#4未熟な怒り
#5ハロウィンのカボチャが割れた
#6永遠の白線
#7半分の記憶
#8期待していない自分
#9誰よりも高く跳べ!
#10 NO WAR in the future
全体曲、1,2期生曲をバランスよく織り交ぜ、最後は
アルバムのリード曲→誰とベ→NOWAR
の黄金ホットライン。
控えめに言って最高でした。
この日の為にあったんじゃないかと思うほどぴったりな某かぼちゃソングも聞けて大満足です。
あえて言うのであれば、やっぱりひらがなけやきはやってほしかったかなあとは思いました。
ひらがなオタがほとんどだったけど、1期生の自己紹介ソングはやっぱりひらがなけやきだと思っているので。
まあとりあえず、この後のきゃりーさん大丈夫かな??って思ってしまうくらい大満足なひらがなけやきのパートでした。
 
そんなこんなでいったん休憩タイムに入り、
いよいよきゃりーさんの出番に。
最初に感想を言っちゃいたいと思います。
楽しかった。
楽しかった。
めーっちゃ楽しかったです!!
 
いやあ、正直なところ、始まる前は
“きゃりーさん有名で知ってる曲も多いけど、そんな盛り上がらないだろうなあ”
“ひらがなの後で盛り上がらなかったらどんな雰囲気になるんだろう”
みたいな風に思っていたわけですよ。
きゃりーぱみゅぱみゅさんすいませんでした。
やっぱり売れてる歌手さんは違うんだなあって。
99%オタクの環境で、あそこまで心をつかんで、盛り上げれるのは本当にすごいと思いました。
1曲目から、いつもみたいにコールを入れたいけれど、入れていいのかわからず躊躇するオタクたち。
しかし、最初のMCでオタクのコールのことに触れてくれて、そのあとの曲はめちゃくちゃ楽しめました。
正直な話、いつもはあんなコールを入れられることは絶対にないだろうし、
オタク的なノリにあんまり良い印象を持っていなかったかもしれないけれど、
その中でその日のそのステージを盛り上げるために最善の盛り上げ方をするのは、さすが世界にも進出しているアーティストだなと感心させられっぱなしでした。
そして、keyakizakaもいつかそんなグループになれたらいいな、なんて。
あの日、もしももうちょっと多くのきゃりーファンの方がいたならば、
あーゆー感じにはならなかっただろうし、あんな感じにしなかっただろうし。
ただ、ひらがなけやきオタ全体として、少しでも盛り上げたいなと思い、
結果としてあのような盛り上げ方、盛り上がりになったのかなと思います。
正直、いつもとは違う雰囲気に良く思わなかったきゃりーファンの方もいるとは思うけれど、その点だけは理解してほしいなあ。
 
とまあ長々と書いてきましたが、
・完全アウェーでもあんだけ盛り上がれるきゃりーさんすごい
・知ってる曲多いきゃりーさんすごい
・どんな曲でも応用が利くコールってすごい
と思ったツーマン後半戦でした。
 
アンコールでは
“きゃりー坂”という何とも秀逸なフレーズもでき、
ひらがなけやきときゃりーちゃんのコラボもあり、
終演後には自然と拍手が起きるような素敵なライブでした。
 
フェス形態ってやっぱり敬遠しがちだけど、これからもタイミングが合えば行ってみたいなあ。
 
それでは今日はこの辺で。
趣味なきゃブログの管理人